人気ブログランキング |

ブログを始めて12年くらい。自分の雑記帳で始まり、育児日記になり、今は非公開日記も含めた雑記帳に戻りつつあります。


by まんぼう2号
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:育児( 153 )

この春から小学校6年になった息子。
明日は授業参観。

去年あたりから感じていたけど、授業参観に来てほしくなさげ。

息子「明日、来るの?」

私「行くよ」

息子「………(がっかりした顔)」

私「ママも高学年の頃はいやだったよ」

息子「僕はずっと前から。見られるのいやだったし」

私(心の中で)「うそばっかり。前は嬉しそうにしてたし、参観当日、私を見かけると嬉しそうに照れくさそうに手を小さくふってくれたくせに〜!」

親離れを感じる今日この頃です。

by mola0529 | 2019-04-25 22:20 | 育児 | Comments(0)
とある塾に興味をもって、親子そろって説明を聞きに行った日のこと。

息子は別室で入塾テスト。
両親と塾長(30代くらいの男性)とで面談。

いきなり塾のアピールかと思いきや、塾に興味を持ったきっかけや息子の様子、親の考えや思いをあれこれ聞いてくれたのはよかったのですが・・・・・

一人っ子で内弁慶な息子。学ぶことは好きでテストの点数は良いのだけれど、理系タイプで表現力(話し言葉も書くことも)が弱く。
学校の担任からも「損なタイプですね」と言われ。
もともと小さい頃(1〜2歳)から、好奇心の強さに比べて、外ではとても消極的。失敗しそう・・・と思うと手を(出したいのに)出せない・・・
そんなタイプでした。

と、まあそんなことを話した後に塾長から
「ご両親が子育てで大事にしていることは?」

と聞かれて。
オットは
「自分の好きなようにさせる」

私は
「失敗してもそれはダメではなく、そこから色々学んでほしいから、失敗を大切にしている」というようなことを言いました。

そうしたら塾長、
「そうか、それはもしかして・・・・」
「親が『成功した』ことよりも『失敗』に着目しているから失敗を恐れてしまうようになったのでは?」と。

いきなり初対面の人から親の養育態度が影響して、こうなった、という感じに言われてしまいました。
自分としては、小さい頃からほめて育てるよう心がけてきたつもりですし、それでも失敗にこだわったり、極端に恐れたりする息子だからこそ、
「失敗は悪いことじゃないよ」と言ったり、あえて自分の失敗をかくさずに見せたりしてきたつもり。
でも他人から見たら、そう思うのかな。

その塾の方針自体には興味もあるし、息子も入塾体験したい、というのでその方向ですが。

私としては上の言われ方にとてもひっかかってしまい。
最近もやもやしています。

自分の気持ちもそうですが、自分自身、仕事がら親御さんともお話したり、相談にのったりすることがある(自分が子供を育てたことがなかったころから)ので。
「私も『母』である人に対して無神経なアドバイスや意見を言ってきたかも・・・・」

二重の意味でもやもやしています。

いい意味では、この体験は自分の仕事(子育てをしている・した方を支援する立場として)に反面教師として生かせるな・・・・とは思います。

一方で自分の中で納得できない気持ち(初対面で、ろくに子供や親のことを知らない人からそう簡単にそんなことを言われたくない)もかなり大きい。
少なくともそんなことを言われたら、これから子供のことを相談したいとは思えない(また、親の態度のせいにされそうだから)

まだまだ悶々としています。



by mola0529 | 2018-08-27 22:41 | 育児 | Comments(1)
息子もこの4月で小5.

春休みのある日、息子に「僕、役に立ってる?」と質問されました。

我が家では毎月おこづかいをもらうために、お手伝いという家庭内での役割があります。
小学校に上がって、毎年100円ずつアップするかわりにお手伝いも1つずつ増やしていましたが、この春息子が「じゃあ、もっとお手伝いしたら、もっともらえる?」と言うので、お小遣いを200円アップしてお手伝いもちょっと多めに増やしました。

今まで覚えている限りでは・・・・・

幼稚園・・・私の仕事のない日(預かり保育がなく、早く家に帰れる日)は自分の洗濯物をたたんでしまう。

小1・・・毎日洗濯物をしまう。

小2・・・朝食のヨーグルトを盛りつける。食事の時の箸を並べる。

小3・・・トイレの掃除と自分の部屋の掃除

小4・・・ゴミ捨て・給食コップと水筒を洗う(弁当の日は弁当箱も)

1学年上がるごとに増やしてきました。

そしてこの春休みは200円アップするのでお手伝いも色々増えて・・・・

 ゴミを集めてから捨てる
 朝食の片付け手伝い
 干してある洗濯物を取り込んで、各自のかごに入れる。

こんな調子。小1〜の分を全部やるのでそれなりの量になり、親のほうもずいぶんと助かります。
そんな折に、息子からの一言。

「僕、役に立ってる?」

もちろん!!

そう言って、息子に感謝の気持ちを伝えました。
「あなたが色々頑張ってくれるから、おとーさんとおかーさんは外で働けるんだよ」

息子も照れながら、嬉しそうな顔。

お手伝い、というか家事などの役割については「お手伝い」以上の意味がある、と感じている私です。

これから、友達関係や勉強、部活、進路、などなど・・・
きっと悩んだり挫折したり、色々なことがあることでしょう。

そんなときに、「家」が彼にとって大事な居場所であってほしい。
そのためには「役割」があり、そこで必要とされている実感があることが大切だろうな、と。

些細なことですが、毎日のこと。
それをやる人がいないとみんなが困ったり大変になったりすること。
「家事」ってそうなんですよね。
それを息子が担うことで、「家族の役に立っている」「必要とされている」と日々、感じることができたら嬉しい。

ちまたでは子供を東大に入れたともてはやされる親もいるようだけど。

私は子供に「勉強するためにほかの無駄なことはさせない」というふうには考えられない。
こうやって地道に毎日を重ねていくことが、きっと彼にとって意味のあることになってくれたら・・・と思っています。




by mola0529 | 2018-04-12 22:02 | 育児 | Comments(0)

おべんきょう?

いよいよ夏休みです(子供たちは・・・・・・涙)

栗太郎は私の仕事がある日だけ学童に行くつもりだったようですが、ひよわな彼には少しでも外遊びをしてほしいので、基本毎日学童に行きなさい!と。

お弁当作りは大変ですが。

今朝、登校前に机に向かって熱心に書き物をしていたので、のぞいてみると・・・・
c0091038_15391388.jpg


「しょくいくのほん」という学校からもらった教材をやっていたようです。

彼なりにおやつのルールを書いたようですが、思わず笑ってしまいました。

「おやつはちょっと」

「へんなあじはのこす」

本人は普通に、まじめに書いているんでしょうけどね。
by mola0529 | 2014-07-23 15:41 | 育児 | Comments(6)
最近栗太郎がはまっているのはEテレの「ピタゴラスイッチ」を見て、自分なりの作品を作ること。

数年前のクリスマスプレゼント、ボーネルンドの「クアドリア」などを使って、作品作りに熱中しています

これを成功させたときには私も一緒に大喜び(親ばかですが・・・)
さて、お次はどんな作品ができるかな?


by mola0529 | 2014-05-25 15:26 | 育児 | Comments(6)

入学式

学童が始まって1週間(出席したのは私の仕事のある3日間)

ちょっとは慣れたかな~?!という今週のはじめ、入学式でした。

同じ幼稚園からは数人しか入学しないし、知り合いが少ないので「誰か知っている人が同じクラスになるといいなあ・・・」と私のほうがなんだかドキドキ・・・・・・

せめて新調したスーツで気分を盛り上げて、いざ!

当の栗太郎のほうは・・・・・
朝からこわーい表情。

私とオットが「緊張してるの?」と聞くと

「してるはずないー!!!(怒)」と。

まあ、いつものことなのですが。

本人の自覚がないのか、照れくさいのか。
音楽教室の発表会も運動会も生活発表会も朝はこんな感じ・・・・・
両親とも緊張するタイプだから、まあ、仕方ないですね。

学校の前でパチリ。
c0091038_15424483.jpg

かた~い表情をしてにらんでます。

こんな時くらいしか家族の集合写真はないので、もう一枚・・・・
c0091038_15432742.jpg


入学式では結局、知り合いはひとりも見つけられず・・・・・
でも、その後の集団登校で同じマンションの男の子が一緒だったことがわかり、ひと安心です(私のほうが?)

学童も今週からは5時に下校。
私の帰宅は6時頃なので、鍵っ子生活もスタートしました。
こちらは案外平気な顔してテレビ見て過ごしていたようで、ちょっと、いや、かなり気になって早目に帰宅した私は安心するやら拍子抜けするやら、です。

帰宅後も大量の書類下記や名前つけに追われ、ばたばたする中、まんぼうことオットは朝からのんきに
「ぼくの入学のころはどうだったかなあ・・・?」などなど感慨にふけっているのでちょっときれそうに(いや、実際かなり八つ当たりしているような・・・・)なっている余裕のないワタシです・・・・
by mola0529 | 2014-04-09 15:51 | 育児 | Comments(4)

6歳の誕生日&キャンプ

10月、栗太郎の誕生日月です。

「ままー、オシゴトおやすみの日でいいからケーキ作って~」という親孝行なリクエスト。
(今年は私の仕事の日が彼の誕生日でした)
c0091038_2113787.jpg

誕生日の1日前、パパも不在、でしたが、二人で一緒にケーキにデコレーションしてお祝いしました。

成長ぶりを感じます。
こんなふうに手作りケーキを喜んで食べてくれるのは何歳ころまで?
一緒に手をつないでくれるのは?
一緒にお風呂に入ってくれるのは?
「一緒に寝よーよ」とせがんでくれるのは?

・・・・・そんなことをついつい考えてしまう、今日この頃、です。

そして、後日。
栗太郎、初のテントのキャンプを経験しました。
c0091038_21163343.jpg

c0091038_21182723.jpg

去年はバンガローだったので、初めてのテントに
「小さい~」と栗太郎(私が独身の頃から使っているツーリングテント・2人用なのです)
シュラフは「芋虫みたい~」
たき火はやっぱり楽しい~。
写真は撮ってませんが、今年の料理は七輪で焼いたさんまと一夜干しするめ、きのこのホイル焼き、焼きおにぎり、などなど。
写真もそこそこに、食べる飲む食べる・・・・・・・

栗太郎も楽しかったらしく、「また行きたい!」と言っています。
テントも車もそろそろひとまわり大きいものが必要です。

そうそう、2年近くの単身赴任生活を終えてオットが大阪に帰ってくる予定です。
まだまだ落ち着いて生活できるかどうか、何かと不透明ですが、一応、ひと安心。
私もちゃんと家事をやらなければ(笑)
by mola0529 | 2013-10-21 21:22 | 育児 | Comments(10)

成長を感じた夏祭り

今日は幼稚園の夏祭り。

年少さんの夏祭り(コチラと比べると体格も顔つきもすっかりおにーちゃんな感じです。

態度のほうもすっかり落ち着いてくれていて、付き添うこちらも楽ちんでした。

年少のときには1つすくえたスーパーボール。
今年は・・・・
c0091038_15542860.jpg

c0091038_1682949.jpg
あと一歩!残念でした。
この後、枠だけになったのを使って無理やりカップに押し込んでました。
c0091038_1555596.jpg
魚釣り。大物です。
c0091038_15562262.jpg
年長さんだけの種目。へっぴり腰ながら、全部ホールに入ってました。

年少のとき、かき氷を前に大泣きしたこと、本人なりに覚えていました。
「どうして泣いたの?」と尋ねると
「かき氷が冷たすぎて食べたくなかったから」と。

2年でしっかり成長したなあ・・・・としみじみ、の1日でした。
by mola0529 | 2013-08-26 15:58 | 育児 | Comments(4)

はじめての母の日カード

c0091038_12212885.jpg

息子からもらったカード。

GWに家族で買い物に行った際、オットと息子のふたりでこっそり買ってくれたようで。
オットはそのまま単身赴任先に帰ったので、帰宅後、息子ひとりでこっそりとがんばってメッセージを書いてくれたのです。

「いつもおいしいたべものありがとう」と

書いてあるらしい[(笑))

息子は字を書く練習をしたがらず、いまだにまともに書けないのに、ひとりで書いてくれた、というのがとーっても嬉しくて。

宝物箱行き、に決定です。(宝箱はまだないけど)

そんな息子の最近のブームはこちら
by mola0529 | 2013-05-12 12:31 | 育児 | Comments(8)

バレンタインの告白

c0091038_1104655.jpg

バレンタインにオットの妹さんから、手作りチョコをいただきました。

きれいでおいしく、栗太郎も満足。

このバレンタインの翌日、久しぶりに栗太郎がMちゃんの名前を出しました。

Mちゃんは年少クラスで一緒だった女の子で、栗太郎が「ママよりも好き~!」と言っていた子。
なのに、いつの間にかMちゃんの話が出てこなくなり、私が「最近、Mちゃんと遊んでる?」と聞いてみても
知らん顔、になっていたのです。

年中になり、クラスも別々になって、多分めったに会うこともなくなっていたと思うのですが・・・・・

この日、突然
「Mちゃんにちゅー(kiss)したら『くさいー!』って言われた・・・・・」とポツンと話しだしました。

私「まあ、びっくりされるかもしれないねー。『ちゅーしていい?』って聞いてみたら?」

栗太郎「きいてみたら、『変なこと、言わんといてー!』って言われた・・・・・」

私「・・・・・・・・そうか・・・・・それ、最近?」

栗太郎「違うよー、うーんと前」

そういえば、年少のころ、栗太郎がキス魔になっていた時期があったっけ・・・・・・

で、お気に入りの女の子に迫って、撃沈したのね・・・・・・
何かの拍子に思い出したのでしょうか?

初恋のにがーい思い出だね。
by mola0529 | 2013-02-18 11:01 | 育児 | Comments(4)