人気ブログランキング |

ブログを始めて12年くらい。自分の雑記帳で始まり、育児日記になり、今は非公開日記も含めた雑記帳に戻りつつあります。


by まんぼう2号
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

そして父になる・・・・なれるか? 「木曜日の子ども」重松清

木曜日の子ども

重松 清/KADOKAWA

undefined

映画「そして父になる」を観た時はついつい母親目線で観ていた。
この本はそんな「母親」目線はあえてそぎ落として描かれているような気がした。
母親の苦労は色々あったのは想像がつくがそれは前半にさらっと書いて、後半は母親はからめないことで父親の葛藤がこちらに迫ってくる。

中学生がクラスメイトを、しかも給食に毒を入れることによって9人も殺してしまうことから物語は始まる。

読み始めたら止められない。

怖いけどど止められない。

ラストシーンで「ウエダサマ」の世界観に引きずられそうになる主人公。
読んでいても心臓がバクバクするような。

映画にしても見ごたえがありそうだな・・・

一見、内容が自分の生活からはかけ離れているように思えるけど、
親にだって子どもの気持ちなんてわかるはずない・・・っていうのは、突き刺さる。

これを10代の頃に読んだらどう感じたのかな?

今の10代の子どもたちが読んだら、どう感じるんだろう?
(でも怖がりの息子に読ませる、薦める勇気はない・・・・・・)

せめてこれを読んだ10代の人たちの感想を聞いてみたいな・・・・と思う。





by mola0529 | 2019-03-30 22:48 | | Comments(0)