ブログを始めて10年ちょっとたちました。おいしいもの、楽しいこと、子どもや家族のこと、などなどを綴っています。


by まんぼう2号
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

50の手習い?

最近は「このブログならほとんどだれも読まないから」「でもどこかの誰かは目に留めるかも」と思ったときに開くエキサイト(笑)

自分でも紙のノートやパソコンのソフト「千年日記」に時々つづっている日記。
それは確実に誰にも読まれない安心感。

だけど、どこかの誰かが読んでくれたらうれしいかも
だけど、知っている人に読まれたら恥ずかしいかも。

そんなときにブログに向かうようになりました。

一番の理由は10年以上前から愛用している「千年日記」がそのうちソフトとして使えなくなったら、今までのデータがダメになる?(15年くらい前に2,3年分のデータが消えてしまったことあり・・・)ということ。

消えてしまうのは悲しい。
紙ノートに書く気分ではない(紙に書きたいこともある)

そんなときに休眠中のブログが使える(本当にほかの人に見られると恥ずかしい記事は非公開で書いています)

と、前置きが長くなってしまったけど、
今夜は「50ウン歳の手習い」について。

小5の息子が数年間続けてきた英会話のオンラインレッスン。
色々な事情で、退会しようか、と。
でもちょっともったいないし、何よりも楽しそうでやってみたかった私。
それなら、と名義変更でしばらく継続することに。

そして、今夜、初のレッスン。

スカイプに向かって25分。

教材を使っての簡単なレッスン。
その中でちょっとの雑談。

もちろん、全部英語。

楽しかった!

学生時代、英語は好きだったけど、こんな時代じゃなかったから、せいぜいラジオの基礎英語くらい。
オンラインレッスンどころかネイティブと喋ったことさえなかったのに、こんなに安く手軽に遠い国にいる人と話せるなんて!

なんとか時間を作って続けていきたいな、と思っています。

[PR]
# by mola0529 | 2018-09-03 22:51 | つれづれ | Comments(0)
とある塾に興味をもって、親子そろって説明を聞きに行った日のこと。

息子は別室で入塾テスト。
両親と塾長(30代くらいの男性)とで面談。

いきなり塾のアピールかと思いきや、塾に興味を持ったきっかけや息子の様子、親の考えや思いをあれこれ聞いてくれたのはよかったのですが・・・・・

一人っ子で内弁慶な息子。学ぶことは好きでテストの点数は良いのだけれど、理系タイプで表現力(話し言葉も書くことも)が弱く。
学校の担任からも「損なタイプですね」と言われ。
もともと小さい頃(1〜2歳)から、好奇心の強さに比べて、外ではとても消極的。失敗しそう・・・と思うと手を(出したいのに)出せない・・・
そんなタイプでした。

と、まあそんなことを話した後に塾長から
「ご両親が子育てで大事にしていることは?」

と聞かれて。
オットは
「自分の好きなようにさせる」

私は
「失敗してもそれはダメではなく、そこから色々学んでほしいから、失敗を大切にしている」というようなことを言いました。

そうしたら塾長、
「そうか、それはもしかして・・・・」
「親が『成功した』ことよりも『失敗』に着目しているから失敗を恐れてしまうようになったのでは?」と。

いきなり初対面の人から親の養育態度が影響して、こうなった、という感じに言われてしまいました。
自分としては、小さい頃からほめて育てるよう心がけてきたつもりですし、それでも失敗にこだわったり、極端に恐れたりする息子だからこそ、
「失敗は悪いことじゃないよ」と言ったり、あえて自分の失敗をかくさずに見せたりしてきたつもり。
でも他人から見たら、そう思うのかな。

その塾の方針自体には興味もあるし、息子も入塾体験したい、というのでその方向ですが。

私としては上の言われ方にとてもひっかかってしまい。
最近もやもやしています。

自分の気持ちもそうですが、自分自身、仕事がら親御さんともお話したり、相談にのったりすることがある(自分が子供を育てたことがなかったころから)ので。
「私も『母』である人に対して無神経なアドバイスや意見を言ってきたかも・・・・」

二重の意味でもやもやしています。

いい意味では、この体験は自分の仕事(子育てをしている・した方を支援する立場として)に反面教師として生かせるな・・・・とは思います。

一方で自分の中で納得できない気持ち(初対面で、ろくに子供や親のことを知らない人からそう簡単にそんなことを言われたくない)もかなり大きい。
少なくともそんなことを言われたら、これから子供のことを相談したいとは思えない(また、親の態度のせいにされそうだから)

まだまだ悶々としています。



[PR]
# by mola0529 | 2018-08-27 22:41 | 育児 | Comments(1)
山靴専門店 巣鴨「goro(ゴロー)」
この暑い中、冬靴が我が家にやってきました。
左がその「アラタ」 右は1年ちょっと履きこんだ「ブーティエル」
c0091038_13313964.jpg

数年前から雑誌などで見かけて気になり、思い切って購入した「ゴロー」の靴。

サイズ小さ目、幅は標準、甲の薄い自分の足にもぴったり。
いい感じに馴染んできて、色もだいぶ濃くなってきた1足目
c0091038_13305609.jpg
冬靴も欲しいな・・・とほかのブランドもちょっとだけ考えつつ、ゴローほど自分の足に馴染む靴はなかなかないだろうな・・・・と。
どこのメーカーの最小サイズでもたいがい大きいし、足の長さと幅に合わせると甲があまって、足が前に滑ってしまう・・・・
同じゴローのS8という形も考えるけど自分には重くて硬すぎるか・・・?正式な冬靴じゃないから寒そうだし・・・
悩んでいるうちに冬が終わり、久しぶりにゴローのHPをチェックすると、なんと「冬靴・アラタ」が新発売!
偶然にも東京出張の機会があり、またまた行ってきました巣鴨。

店長のおじさんに相談しながらオーダー(足型はとってあるからそれを使う、とあっさり終了)
3か月待って、先日届きました。
c0091038_13320003.jpg














今度は紐を赤に。まだまだつるつるピカピカ。
オイルを塗って、磨きをかけて涼しくなるのを待ってます。



[PR]
# by mola0529 | 2018-07-29 13:49 | お買い物 | Comments(2)
息子もこの4月で小5.

春休みのある日、息子に「僕、役に立ってる?」と質問されました。

我が家では毎月おこづかいをもらうために、お手伝いという家庭内での役割があります。
小学校に上がって、毎年100円ずつアップするかわりにお手伝いも1つずつ増やしていましたが、この春息子が「じゃあ、もっとお手伝いしたら、もっともらえる?」と言うので、お小遣いを200円アップしてお手伝いもちょっと多めに増やしました。

今まで覚えている限りでは・・・・・

幼稚園・・・私の仕事のない日(預かり保育がなく、早く家に帰れる日)は自分の洗濯物をたたんでしまう。

小1・・・毎日洗濯物をしまう。

小2・・・朝食のヨーグルトを盛りつける。食事の時の箸を並べる。

小3・・・トイレの掃除と自分の部屋の掃除

小4・・・ゴミ捨て・給食コップと水筒を洗う(弁当の日は弁当箱も)

1学年上がるごとに増やしてきました。

そしてこの春休みは200円アップするのでお手伝いも色々増えて・・・・

 ゴミを集めてから捨てる
 朝食の片付け手伝い
 干してある洗濯物を取り込んで、各自のかごに入れる。

こんな調子。小1〜の分を全部やるのでそれなりの量になり、親のほうもずいぶんと助かります。
そんな折に、息子からの一言。

「僕、役に立ってる?」

もちろん!!

そう言って、息子に感謝の気持ちを伝えました。
「あなたが色々頑張ってくれるから、おとーさんとおかーさんは外で働けるんだよ」

息子も照れながら、嬉しそうな顔。

お手伝い、というか家事などの役割については「お手伝い」以上の意味がある、と感じている私です。

これから、友達関係や勉強、部活、進路、などなど・・・
きっと悩んだり挫折したり、色々なことがあることでしょう。

そんなときに、「家」が彼にとって大事な居場所であってほしい。
そのためには「役割」があり、そこで必要とされている実感があることが大切だろうな、と。

些細なことですが、毎日のこと。
それをやる人がいないとみんなが困ったり大変になったりすること。
「家事」ってそうなんですよね。
それを息子が担うことで、「家族の役に立っている」「必要とされている」と日々、感じることができたら嬉しい。

ちまたでは子供を東大に入れたともてはやされる親もいるようだけど。

私は子供に「勉強するためにほかの無駄なことはさせない」というふうには考えられない。
こうやって地道に毎日を重ねていくことが、きっと彼にとって意味のあることになってくれたら・・・と思っています。




[PR]
# by mola0529 | 2018-04-12 22:02 | 育児 | Comments(0)
今年の夏は最近恒例となった、家族で山登り。

栗太郎、小4、この1年は冬も夏もあちこちのお山に日帰りで行っていたので体力もついて(親よりもずっと速く歩きます)きたので、思い切って山小屋に2泊して縦走する計画をたてました。

1日目は燕岳に登り、燕山荘に泊まった翌日のご来光。下の写真は前日の夕暮れに雲海から顔を出した槍。

c0091038_11414580.jpg
c0091038_11395354.jpg
去年までの山小屋は素泊まりで自炊していたのですが、今年は2泊ということで小屋食利用。豪華ですよ〜。ヘリで荷揚げしているとのことです。



c0091038_11473904.jpg
2日目は燕山荘から大天井岳を越え、常念小屋を目指します。
6時間以上歩く、長い道のり。
標高も3000m近くあるので空気が薄く、頭痛や吐き気の高度障害にも悩まされながら、頑張ります。
写真中央には槍も見えています。
c0091038_11491815.jpg
3日目は常念岳を目指します。雷鳥にも会えましたよ。
c0091038_11550107.jpg
c0091038_11553331.jpg



最近の子育ての様子は・・・・・
[PR]
# by mola0529 | 2017-08-13 11:58 | | Comments(0)

学童のお弁当

c0091038_07234503.jpg


小学校は夏休み。

息子は毎日、学童。

友達と将棋するのが楽しいらしい。

母は毎日、弁当作り。

この日は作りおきして冷凍してある つくねが主役。

甘辛たれにして、たれごとご飯にのっけ。
いり玉子と初夏に漬けた紅しょうが。

カボチャのガーリック炒め、オクラのカレー炒め

私は仕事中に食べやすいように、つくね、いり玉子のおにぎらずを切らずに。


[PR]
# by mola0529 | 2017-07-30 07:10 | お弁当 | Comments(0)
c0091038_21512769.jpg

50歳になりました。

それで、節目だしね、ということでちゃんと自分自身の状態を知りたくて、初めてホルモン値やら骨密度やらを調べてみました。
結果的には「まだ更年期じゃない」と医師のお言葉。
骨密度も若者の99%。

それでも、「なんか今までとは違うな〜」という感覚はあるのです。
日々の色々なところで。

これは老眼を実感したときも同じ。
花粉症もあるし、コンタクトもしているので年に一度は眼科で検査をしてもらいます。
2年くらい前に「近くが見えにくいのでそろそろ老眼かも」と言って診てもらいましたが結果は「まだ大丈夫」
でも自分ではわかるのです。
「今までとは違うな」

だから、100均で老眼鏡を買ったり、近くを見るようの眼鏡を作ったり。

こんなふうに自分の「老い」を感じて受け入れてつきあっていくんだな・・・・・・としみじみと感じる今日この頃。
仕事がら,高齢の方たちとも接することが少なくはありません。
お若いころにバリバリとやっていた方ほどご自身の「老い」を受け入れることが辛いようにお見受けします。

自分も他人ごとではありません。

特に超高齢出産の自分は子供が中学になって親離れしていく時期と更年期がもろに重なりそうです。
身体の変化と生活の変化と。
幸い、仕事には復帰できてそれなりにやりがいを感じているので、あとは仕事に疲れた時に打ち込める趣味だったり、言いたいことを言いあえる友達だったり、がほしいな・・・・と。

性格的についつい先々のことを考えてしまう私。
2,3年後、変化していく自分の身体と離れていく息子に戸惑わないように、今からちょっとずつ準備していきたいな・・・・と思っています。
幸い、今は元気なので失敗を恐れずに色々挑戦してみたいな・・・・・・・


[PR]
# by mola0529 | 2017-01-30 22:05 | つれづれ | Comments(4)
c0091038_14035264.jpg

[PR]
# by mola0529 | 2017-01-01 14:03 | Comments(0)

2016年下半期 

お久しぶりです。
ろくに更新できぬまま2016年が終わろうとしています。
今年、下半期を順不同、駆け足で振り返ってみたいと思います。

夏からまたしてもオットが単身赴任。
たまにしか帰省できず、母子生活が続いております。

仕事は週5日になり、休日はもっぱらアウトドア。
オット不在でもじっとしていられず(私のほうが)ついに母子キャンプ、母子登山デビューしてしまいました。

息子と二人、荷物を最小限に減らしてのキャンプ。なんとかなりましたよ〜。



c0091038_20550374.jpg

年末には家族そろって、遊園地。
夜の早い栗太郎もちょっと夜遊びできるようになしました。


c0091038_20590061.jpg

こちらは友人と母子登山後の疲れ果てた姿。


c0091038_20590322.jpg

伊吹山に登ったのですが、残念ながら山頂はこんな感じ。


c0091038_20590689.jpg

夏は暑さと山ヒルで山登りには適さない関西ですが、今年はシャワークライミングをして楽しみました。


c0091038_20590889.jpg

カラオケもデビュー。お気に入りはビギンです。渋いよ〜。


c0091038_20591143.jpg

そして将来の夢は、金持ち、らしい・・・・。
頼もしい??


c0091038_22324081.jpg

ウインナーの焼き加減にはうるさいですよ〜。
「ちょっと焦げて、脂が出てくるくらいがおいしい」だとか。


c0091038_22324521.jpg

9歳の誕生祝、リクエストは特にない、ということだったのでマムートのザックをプレゼント。
背負いやすいらしく、スピードアップして、私はついていくのに必死です。


c0091038_22330015.jpg

なかなかいい登りっぷりでしょ?


c0091038_22330477.jpg

山関係の記事はヤマレコ(こちら)にアップしています。

こんな感じの半年でした。
来年も細々と更新していくと思いますが、また遊びに来てくださいね。
[PR]
# by mola0529 | 2016-12-03 13:05 | 家族 | Comments(0)

ねぎを切る

c0091038_21355492.jpg


納豆に入れるネギを切るのが面倒な
ハハに代わって切ってくれました。
[PR]
# by mola0529 | 2016-08-30 21:34 | Comments(0)